介護保険の基本理念と福神漬けのその後

投稿日: 2015年3月8日  | カテゴリ: その他

いつも介護ブログを読んで頂きましてありがとうございます。

 

 

いろんな方々から感想や、貴重なご意見を頂いておりますが、頂いた全

てにはご返事ができておらず申し訳ありません。

頂いたメールは全て目を通しております。

 

先回、「福神漬け」の話に、ご意見やご感想を送っていただいた方に、お

礼の返信代わりに引用させていただき、皆様ともシェアしたいと思いま

す。

 

----------------------------

<S様から>

吉木様;面白い例ですね。小生も分からないように古いストックから捨

てていきます。もし見つかっても上手に説明するのがヘルパーの能力で

すね。

 

----------------------------

<T様から>

いつもメールありがとうございます。

(中略)

今回の問題は、

ウジの湧いた福神漬けは成年後見人の判断で処分できると思います。

 

理由は

利用者がウジの湧いた福神漬けを食べてしまう可能性があり、被成年後

見人の健康を守るのも成年後見人の職権の範囲内だからです。

 

ただ、捨てた後に利用者との信頼関係が問題になりそうですね。

 

普段と違う人が行って捨ててしまうのが良いでしょう。

 

スケープゴートですね。

自分なりの解答です。

 

他にももっと良い方法があると思いますが。

(^^)

 

--------------------------------

 

「被成年後見人の健康を守るのも成年後見人の職権の範囲内」と言うの

は勉強になりました。ありがとうございます。

 

ここで法律について、どうのこうのと言うつもりはありませんが、あえ

て掘り下げて、どうのこうのと考えてみたいと思います。

 

明らかに食べれば健康を害するものであれば、健康を守るとのことで成

年後見人の判断で処分できるのでしょうが、微妙な賞味期限切れのもの

はどうでしょうか。

 

微妙ではなく、2年近く経った冷凍の乾しカレイはどうでしょうか。解

凍すると腐敗はしていませんが、身はボロボロ溶けてしまいます。

 

5年以上経った、北海道の乾燥昆布はどうでしょうか。

 

こんな事をあれこれ考えると、成年後見人が処分できる食品別の賞味期

間経過後の日月数一覧表リストなるものが必要になってきますね。

 

 

この、冷凍乾しカレイと乾燥コンブは、私の実家の母親の話しです。

 

私の実家は島根県の雲南市と言うところです。

 

島根県って、わかりますか。

鳥取の先、広島の上、山口の手前です。出雲大社が有名です。

 

88歳の母が独りで暮らしていました。

 

「いました」と言うのは、ちょっとボケてきましたので、グループホー

ムに入るようになったからです。

 

実家に帰ると、冷蔵庫の冷凍室にいっぱい、カレイの干物がはいってい

ます。

乾燥昆布はあちこちの収納を開けると、ところ狭しと詰め込んでありま

す。

 

なんでも、月に2回ぐらい、行商に来る人から毎回買っているそうです。

もちろん、自分で食べることはありません。

 

 

これを処分する、うまい方法を考え付きました。

 

「おいしそうだね。もらって帰っていい?」

 

これで、母を傷つけることもなく、冷凍カレイと昆布を持って帰って処

分できたのでした。

 

 

しかし、話しはここで終わりません。

大失敗をしてしましました。

 

それは、家に帰って、電話をかけたときに、「ありがとう。おいしかった

よ」と言ってしまったことです。

 

次に実家に帰ったときには、以前の2倍以上の昆布と乾しカレイが準備

してありました。

 

 

私は、成年後見人に選任されていませんが、母の財産(ガラクタ)を目

を盗んで処分しています。

兄貴も成年後見人ではありませんが、母の預金通帳を預かって、管理し

ています。

 

親子といえども、法律上は他人。他人の所有物をかってに処分したり管

理したりしているのです。

 

もし訴えられたら、法律違反になるのではと思います。

 

 

親子の関係でもそうですから、他人のヘルパーさんが他人の所有物を勝

手に処分したら間違いなく法律違反でしょう。

 

今後、要介護人口が急激に増えて行くなかで、そうした訴訟が起こらな

いとは言えないと思います。

 

そうしたときに、ベテランヘルパーさんの言葉

 

「そんなの常識で考えてくださいよ。利用者さんのスキを見つけて捨て

ればいいんですよ。なにか言われたら、うまくまとめるのがヘルパーの

仕事なんですよ。」

 

と言う、常識的な対応が通用しない正しい社会(法律的に)が来るので

はないかと憂慮しているところです。

 

 

それでは、また。


アーカイブ

2020

カテゴリー


LINE@

お友達募集中

お得な情報、

無料講座などをお届けします。

 

友だち追加

 

OTL.png

OTL.png

OTL.png

OTL.png


 

 

 

 

資料請求フォーム

shiryouseikyufome.png

 

 

 

 

 

説明会のお知らせ

 i09-09-color400.jpg

 

 

説明会は随時開催します

 

事前にご連絡いただき

学校見学も兼ねてお越しください


 

 

説明会は随時対応も致します。
 事前にお電話ください。
 

・介護資格の種類と介護保険制度

・介護職員としての考え方と価値観

・介護業界の現状と求人就職状況

・講座内容の詳細と割引制度。

・質問応答

 

こんにちは!

 

IMGP2647.png

 事務長の吉木美和子です。

皆様の受講中の問題や悩みについても細かに対応させていただきます。

 就職支援もおまかせ下さい。

 高齢化が進む中で、介護従事者の養成が急がれています。

それと同時に介護技術レベルの向上も求められています。

 私たちは単に介護に従事する人手・労働者を作り出すのではなく、職業人としての責任と自覚と技術をもった高いレベルを目指す人材を育成して行きたいと思います。

 介護の仕事に就きたい方はもちろん、身内の介護に役立てたい方も、当校の介護ヘルパー講座(介護職員初任者研修)を介護への第一歩としてお役立てください。

 事前説明会を随時開催しますので、ご興味をお持ちの方は、今すぐお電話ください。

お待ちしています。

 TEL 048-871-6537
  FAX 048-871-6538