大きなカン違い 寝たきりの原因

投稿日: 2014年12月26日  | カテゴリ: その他

先回は枕元に神様が現れて、認知症で長生きするか、寝たきりで長生きするか

を選びなさいと言う話しでした。

 

 

あなたはどちらを選びましたか?

 

もしかしたら、認知症を選んだのではありませんか。

 

今まで、この質問をして、回答を伺うと、約80%の方が認知症を選んでおられ

ます。

 

その理由を尋ねると、寝たきりは自分が苦労するけど、認知症は家族が苦労す

るので、まあ、申し訳ないけど家族に苦労してもらおうか。

 

と言うお答えでした。

 

実は、認知症を選んでも、寝たきりを選んでも、結果は同じです。

つまり認知症と寝たきりはセットになっているんです。

 

認知症を選ぶと3年後には、かなりの確率で寝たきりになります。

寝たきりを選ぶと3年後には、これもかなりの確率で認知症になります。

 

これは不思議な話しです。

 

そもそも認知症と寝たきりの原因は違うと考えられています。

 

認知症は精神の問題だとされていますし、寝たきりは身体機能の問題だとされ

ています。

 

 

これらを詳しく解説すると長くなりますので、今日は寝たきりの原因について

考えてみようと思います。

 

 

寝たきりになる原因は何だと思いますか?

 

これはネットで調べればでてきます。

「寝たきり 原因 厚生労働省」のキーワードで検索してみてください。

 

統計の年度によって若干違いますが、1位は脳卒中、2位は認知症です。

脳卒中と認知症で寝たきりの原因の50%を占めています。

3位以下は、高齢による衰弱、骨折・転倒、関節疾患と続きます。

 

 

ところがどっこい。これは真っ赤な大うそなんです。

 

こんなことを言うと厚生労働省からクレームがくるかも知れませんが、脳卒中

や認知症、骨折等は寝たきりのきっかけの一つにはなりますが、寝たきりの原

因ではないのです。

 

 

ここで、寝たきりの定義といいますか、そのへんを説明しておきます。

 

寝たきりと言うと、植物人間状態で、24時間ベッドで身動きもできず、鼻から

管を入れられているようなイメージがあるかも知れません。

 

寝たきりにもランクと言うものがありまして、こうした植物状態の人は、終末

期に近い人を除くと、寝たきりのなかで1%もありません。

 

一般的に、1日の3分の2以上を布団やベッドで過ごしている人を寝たきりと

言います。

 

寝たきりの定義は、わりといい加減なところもありまして、自治体が寝たきり

の調査をしますと、冬の寒いときに調査をすると、春秋の調査と比べると20%

以上、寝たきりが増えるそうです。

 

 

 

さて、寝たきりの原因ですが、ある理学療法士の先生が自治体から委託されて

寝たきりの人を訪問して実態調査をしたときの話しを伺ったことがあります。

 

 

一例をあげると、

5年前に脳卒中で右半身が麻痺してしまったAさん(男性)の場合です。

 

障害のステージは5です。

 

障害の程度は1~6までのステージがあります。

1が最も重く、固まって全く動かない状態です。

 

Aさんのステージ5は、ある程度自分で動かすことができる状態ですが、体重

を支えることはできません。引きずりながら歩くことはできます。

 

Aさんが寝たきりになったのは、およそ3年前からです。

 

 

ここでちょっと考えてみてください。

 

脳卒中で倒れてから、寝たきりになるまでに2年間のブランクがあるのです。

その間に障害のステージが上がったわけではありません。

この2年間にAさんに何があったのでしょうか。

 

わかりますか?

 

これは、障害の問題ではなく、Aさんの心の問題だと思いませんか?

 

 

もう一つ例をあげます。

 

8年前に脳卒中で倒れ、同じく右半身が麻痺してしまったBさん(女性)の場

合です。

 

障害のステージは2です。

 

右半身が固まって動かせません。

もちろん自分では動かせませんが、他人が動かそうと思っても固まって動かす

ことができない状態です。

 

現在Bさんは介護施設に入所されていますが、寝たきりではありません。

 

ご自分の趣味やサークル活動に積極的に取り組んでおられます。

 

そして、自由に歩きまわっておられます。

 

歩き回ると言うと、ちょっと違うのですが、正確には、自由に這い回っておられます。

イザリ歩きと言いますか、動かせる左手と左足をうまく使って施設内を自由に這い回っておられます。

 

車椅子だと人の助けが必要なので、外出するとき意外は使いません。

 

階段も独りで上れます。

後ろ向きに座って、一段ずつイザリ歩きで上がって行かれます。

 

 

 

いかがですか。

 

障害のステージが軽いAさんは寝たきりになってしまいました。

障害のステージが重いBさんは、精力的に日常生活を送っておられます。

 

 

脳卒中は寝たきりのきっかけかも知れませんが、寝たきりの原因ではないこと

をご理解いただけましたでしょうか。

 

 

寝たきりの原因として、心の問題が大きな影響を与えていると思いませんか?

 

介護師の役割として、こうした方々の心に寄り添うのが重要だと思います。

 

 

次回も、寝たきりについてお話ししたいと思います。

 

 

それではまた。

 

 


アーカイブ

2020

カテゴリー


LINE@

お友達募集中

お得な情報、

無料講座などをお届けします。

 

友だち追加

 

OTL.png

OTL.png

OTL.png

OTL.png


 

 

 

 

資料請求フォーム

shiryouseikyufome.png

 

 

 

 

 

説明会のお知らせ

 i09-09-color400.jpg

 

 

説明会は随時開催します

 

事前にご連絡いただき

学校見学も兼ねてお越しください


 

 

説明会は随時対応も致します。
 事前にお電話ください。
 

・介護資格の種類と介護保険制度

・介護職員としての考え方と価値観

・介護業界の現状と求人就職状況

・講座内容の詳細と割引制度。

・質問応答

 

こんにちは!

 

IMGP2647.png

 事務長の吉木美和子です。

皆様の受講中の問題や悩みについても細かに対応させていただきます。

 就職支援もおまかせ下さい。

 高齢化が進む中で、介護従事者の養成が急がれています。

それと同時に介護技術レベルの向上も求められています。

 私たちは単に介護に従事する人手・労働者を作り出すのではなく、職業人としての責任と自覚と技術をもった高いレベルを目指す人材を育成して行きたいと思います。

 介護の仕事に就きたい方はもちろん、身内の介護に役立てたい方も、当校の介護ヘルパー講座(介護職員初任者研修)を介護への第一歩としてお役立てください。

 事前説明会を随時開催しますので、ご興味をお持ちの方は、今すぐお電話ください。

お待ちしています。

 TEL 048-871-6537
  FAX 048-871-6538