認知症と寝たきりの原因

投稿日: 2015年1月26日  | カテゴリ: 認知症

すまいる仕事学院 吉木です。

 

先日、「認知症を選ぶと、かなりの確率で寝たきりになる」

と言うお話しをさせて頂きました。

 

これについて、読者の方からご意見を頂きました。

 

☆     ---------------------------------------------------------☆

 

 

認知症を選ぶと3年後には、かなりの確率で寝たきりになります

 

とありますが、私の勤務先のグループホームでは18人の認知症といわれる方

たちの内、お一人です。

皆さん認知症の診断を受けてから3年なんてもんじゃあないですけど。

こう言った事実はなんでしょうか。

たったお一人の方は身体的には歩行等は自立ですが、眠いから、疲れたを連呼

するので

ご家族の希望で「もう、年ですから、好きなようにと・・・」ケアプランに記

入されました。

(中略)

話が逸れましたが、認知症と呼ばれる方達の寝たきり度は環境因子が大きいと

思うのですが、如何でしょうか。

 

☆     -----------------------------------------------------------☆

 

 

以下は返信メッセージです。

 

 

☆     -----------------------------------------------------------☆

 

貴重なご意見ありがとうございます。

 

脳卒中と寝たきりの関係は、その後のメルマガでご説明しましたが

認知症と寝たきりの関係については省略させて頂きました。

 

 

「認知症を選ぶと3年後には、かなりの確率で寝たきりになります」

は、実はひとつ条件が抜けております。

 

つまり、デイサービスや訪問介護、グループホーム等の介護サービスを

利用されない場合です。

 

 

脳卒中等で半身麻痺になった場合は、本人の気持ちが原因で、人との交流が少

なくなり、つまり引きこもりになることに依って、寝たきりになります。

 

 

認知症の場合は本人に意思で人との交流が少なくなるのではなく、家族の都合

で社会との交わりが少なくなってしまいます。

 

認知症になった場合、本人にはその自覚がないのが大半です。何かおかしいと

言う認識はありますが、はっきりと認知症との自覚はありません。

 

ですから、デイサービスへ行ったり、知らない他人を自宅に上げる訪問介護等

の介護サービスを拒否する場合が多いようです。

 

 

人や社会との交わりを本人が否定するわけではありませんが、独りで外出すれ

ば帰ってこれなくなり、買い物に行けばお金が払えなかったり、お金を払わな

いで品物をもって帰ったりです。

 

認知症の方が人や社会と交流するためには、常に家族が一緒に付き添っている

必要がありますが、仕事もあり、家事もありで、なかなかそう言う訳にもいき

ません。

 

家にいても、ちょっと目を離すとどこかへいなくなります。いわゆる徘徊です。

 

 

ですから認知症の方を抱えた家族の方は、極力外へ出さないようにします。

徘徊を防ぐために部屋にカギを掛けることもあります。

 

外へ出れない訳ですから、することもなく、一日中テレビをみて過ごし寝たき

りとなって行く訳です。

 

 

 

私事ですが、母親が島根県で独りで暮らしています。87歳です。

 

認知症との診断はされていません。(病院へ行っていないので)ですが、間違い

なく認知症です。

 

重度ではありませんが、短期記憶が全くありませんし、お金の管理もできませ

ん。

 

デイサービスも数回行きましたが拒否。

訪問ヘルパーさんも玄関で追い返します。

 

被害妄想も少しあり、人との交わりも少なくなり、外へ出ることもほとんどな

くなりました。

食事とトイレ以外はベッドで過ごす、いわゆる寝たきり状態になりました。

 

 

一昨年のことですが、急激に体力が衰えてきまして、トイレでしゃがんで立ち

上がれなくなり、4時間ぐらいトイレにいたところを訪問ヘルパーさんに発見

されて救助されました。

 

血圧もかなり下がって、この冬を越せないのではないかと覚悟しました。

 

 

今年で見納めになるかも知れないと親戚、兄弟、孫たちがひっきりなしにやっ

て来まして、その度に母は起き上がってお茶を出したりしていたところ、昨年

の暮れには、びっくりするほど元気になってしまいました。

 

血圧も正常に回復して、医者からも特に問題ないとの診断を得ました。

 

 

その後デーサービスへ行ようになると、昔の知り合いがいたとの事で、今では

デイサービスの日を楽しみにしています。

 

安来節の踊りなどを披露しているようです。

 

一昨年の衰弱した状態はなんだったのか、と言う感じです。

 

 

濱田さんがおっしゃるように、認知症の方の寝たきり度は環境因子、人との交

わりが大きく影響していると思います。

 

訪問ヘルパーさんとは、相変わらず些細なことで喧嘩をしているようですが、

これも人との交わりとして重要かと思います。

 

 

介護サービスの役割ですが、単に身の回りのお世話をするだけでなく、こうし

た寝たきりの人と交わることによって、寝たきりの人を起こし、寝たきりを予

防することに大きな意義があると思います。

 

デイサービスも傍から見ると国民の税金と介護保険料を使って、単に遊んでい

るように見えるかも知れませんが、実は大変重要なサービスだと思います。

 

もちろんグループホームでの介護もです。

 

☆     ---------------------------------------------------------☆

 

 

 

 

それでは、また。

 


アーカイブ

2020

カテゴリー


LINE@

お友達募集中

お得な情報、

無料講座などをお届けします。

 

友だち追加

 

OTL.png

OTL.png

OTL.png

OTL.png


 

 

 

 

資料請求フォーム

shiryouseikyufome.png

 

 

 

 

 

説明会のお知らせ

 i09-09-color400.jpg

 

 

説明会は随時開催します

 

事前にご連絡いただき

学校見学も兼ねてお越しください


 

 

説明会は随時対応も致します。
 事前にお電話ください。
 

・介護資格の種類と介護保険制度

・介護職員としての考え方と価値観

・介護業界の現状と求人就職状況

・講座内容の詳細と割引制度。

・質問応答

 

こんにちは!

 

IMGP2647.png

 事務長の吉木美和子です。

皆様の受講中の問題や悩みについても細かに対応させていただきます。

 就職支援もおまかせ下さい。

 高齢化が進む中で、介護従事者の養成が急がれています。

それと同時に介護技術レベルの向上も求められています。

 私たちは単に介護に従事する人手・労働者を作り出すのではなく、職業人としての責任と自覚と技術をもった高いレベルを目指す人材を育成して行きたいと思います。

 介護の仕事に就きたい方はもちろん、身内の介護に役立てたい方も、当校の介護ヘルパー講座(介護職員初任者研修)を介護への第一歩としてお役立てください。

 事前説明会を随時開催しますので、ご興味をお持ちの方は、今すぐお電話ください。

お待ちしています。

 TEL 048-871-6537
  FAX 048-871-6538